ぶろぐらみんぐ
主にゲーム日記。たまに時事雑記。
絶対ヒーロー改造計画レビュー
つーわけで、↑のレビューです。MGSPWは次・・・かな?

今更気づいたんだけど日本一ソフトウェアの作品、友人が好きで、やってるトコは良く見てたけど、自分でプレイするのは初めてだったかも知れない。


所謂ダンジョンRPGに日本一らしさを詰め込んだ様なゲーム。この手のジャンルで人気の高い不思議のダンジョンシリーズと異なり、日本一よろしく、主人公の強化を重ねて重ねて重ねて、インフレの末にクリアを目指すって具合になってるので、不思議のダンジョンの様なゲームプレイを望むなら別のゲームを探した方が幸せ。

前述の通り、日本一らしくガンガンレベル上がったり、装備次第で攻撃力が何倍にもなったりするので難易度はユル目。って言うか、繰り返しプレイすれば誰でもその内クリアできる様になっている。
インフレ気味なデザインの所為で数値の調整が難しいらしく、さっきまで何喰らっても0ダメージだったのに、階段1つ下りたらスキルで即死とか、バランス調整放棄してるだろって場面が多々見受けられた。ダンジョンRPGお約束の罠とか、ダンジョンによって一部ルールが違ったりとか、色々と仕掛けは有るものの、インフレステータスの前には味付けにもならない程度の影響しか無く、サーチアンドデストロイのパワープレイで何とかなる・・・って言うか、敵の方もインフレ調整なので、パワープレイでなんとかするしかない。
こんな具合なので、クリアの過程を楽しむのは難が有ると言わざるを得ない。

日本一らしく、やりこみ要素は満載で、主人公強化の為の手段だけざっと列記しても、
・トータルレベルの存在
・人体改造による強化
・装備の取得、強化
・施設の拡張による利便性の向上
・アジト内メンバーの設置やLvUp
・トラウマの克服
・一部衣装アイテムによるステータスUp
と、様々。
更に、周回プレイ。マルチエンディング。隠しダンジョン。図鑑要素など、網羅を考える事すら憚られるぐらい豊富にやりこみ要素が準備されており、やりこみ派大歓喜の内容になっている。携帯機でのリリースなので相性も良い。

ストーリーは今ひとつ。ユルい雰囲気で、コミカルで、ちょっと社会風刺。方向的には上手くやれば良いモノになりそうだが、残念ながら本作では、古臭く、クドくて、説教染みてて・・・と、良い印象は無かった。同社の作品群と比べてキャラクターの魅力も薄く、人数も少ない。人数少なけりゃ掘り下げられそうなモノだが・・・


こんなトコかね。
結局の所、やりこみをひたすら楽しむゲームなんだなぁって感じ。そういったゲームが個人的に好かない事も有って、俺はちょっと楽しめなかった。キャラクター、シナリオの魅力が薄いように感じたので、日本一作品のファンでもそこらを期待しているなら警戒した方が良さそう。やりこみ好きな人には良いんじゃないかな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.