ぶろぐらみんぐ
主にゲーム日記。たまに時事雑記。
レヴューで埋めPart2
二本目は長らく放置してきた・・・てゆか継続中のアイドルマスター




ニコニコの動画やら見てると、2.5次元萌えゲーって印象しか受けんが、実際は結構硬派なシミュレーションゲームだった。ゲーム時間で一年間の時間制限が地味に厳しく、効率良くやんないと良い結果が得られないと思う。イチャイチャしてる時間なんて無ぇーよ。
ステータスを上げる為に行うミニゲーム(レッスン)は、ホントにミニゲームな感じ。作業感が激しい。本文で無いが故に尚更。ランクupの為のオーディションは、シンプルながらも、駆け引き要素が巧くできており、心理戦が楽しめる。・・・が、全然人が居ない。まぁ、CPU相手でもきっちり状況見て、攻めどころとか、アピールのバランスとか考えながらやんなきゃで、それなりに楽しめるけど。
イベントは結構豊富に有るらしく、一周じゃとても網羅できない。しかも10人居る。デュオ、トリオも有る(専用のイベントが有るかどうかは知らんが)。てな具合で、ボリュームはスゴイ。

最初に言及した通り、良いエンディングに辿り着こうと思うと地味に厳しくて、見た目に反して硬派なのねー。と、関心する。・・・が、ミニゲームが単調で、二週目以降・・・いや、一週目半分ぐらいからはミニゲームパートに煩わしさを感じる。二週目以降でも良いので、せめてレッスンぐらいはスキップできるようにして欲しかった。「先生に任せる」or「自習にする」or「直々に指導する」みたいな。どうせ他の部分でランダム要素満載だし。てなワケで思ったよりしっかり作ってあって驚いたが、中途半端感が否めない作品だった。キャラゲー?はいい加減なのが良いのだと初めて思いましたさ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.