ぶろぐらみんぐ
主にゲーム日記。たまに時事雑記。
レヴューで梅。Part1
↑っつーわけで、
長らく放置して埋める日数が多くなったので、久々にゲームレビュー書く。っつーか書いたの貼る。
一回目はアナザーセンチュリーズエピソード3。




スパロボ無双(適当杉)。
まぁ、実際、ワラワラ出てくるロボットをばっさばっさと切り払うゲーム。スピード感が有って、かつ、敵もさくさく倒れてくれるので爽快感はこの手のゲームでは高い方かと。同時に出る敵の数がもう少し多かったら更に良かったかも知れん。まぁ、この辺りはハードの問題か。
ロボット毎に装備してる武器が大きく異なり、ロボット変えると同じステージでも違う印象を受ける。原作準拠のスケールを再現してるお陰で別世界感倍率ドン更に倍。ボタンの割り振りがちょっと残念。同じマルチロック系の武器でも○ボタンだったり□ボタンだったり。真ゲッターとブラックゲッターなんて、ゲッタービームのボタン各々違うんだぜ。その辺りの細かい配慮が欲しかった。あと、背中の敵をロックしたときに勝手に方向が変わるのもちと・・・まぁ、こればかりは仕方ないか・・・
ストーリーモードはスパロボ方式?ブリーフィングが有って、ミッションが有っての繰り返し。1ミッション平均15分程度。話飛ばしてざっくざく進めるとボリューム不足感が否めないが、ブリーフィングきっちり聞いてると結構なプレイ時間になるかと。最低2週はしなきゃなのでこんなもんかな。難易度はノーマルなら普通にプレイしてれば普通にクリアできる程度。難易度高いとヤバいらしい。
やりこみ要素は程々。各ミッション毎にクリア条件とは別にハードルが用意してあって、それを網羅してみたり、高難易度で全クリ目指したり。どっぷり遊ぶなら、ハイスコア狙ったり、全ロボットフル改造を目指したり・・・

ワンプレイが短く、さっくり遊ぶのに適したゲーム。どっぷり遊ぶ為のやりこみ要素もそこそこ・・・だが、ロボットが多く浅くと言った具合なので、贔屓の作品が出てて「うわ、出てんじゃん!買い!!」って人はちょっとガッカリするかも知れない。作品殆ど知ってるぜーとか、作品わっかんねーけどロボは好きだぜーって人は楽しめると思う。良作。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.