ぶろぐらみんぐ
主にゲーム日記。たまに時事雑記。
ザ・万歩計
何気なく書いたけど、薄いの二冊とか言うとちょっと如何わしい雰囲気あるじゃないですか!違うよ、全然違うよ!!(前回のエントリ参照)

・・・

一冊目、ザ・万歩計読了しました。

万城目学氏のエッセイっちゅーことで大いに期待して読んだわけですけど、期待してたほどは・・・って感じかな。まぁ、そりゃエッセイじゃ鹿喋ったりしないしね。いつもの調子で身構えちゃダメだよね。

そんなワケで、いつものノリでは無いものの、独特の語り口は健在で、笑わせられたり、しんみりさせられたり。

著作になぞらえたり、著作の執筆秘話があったりで、ファン的にうれしい部分もあるけれど、そもそもこの本、ファン以外買うんですかねぇ・・・って言う。

面白かったと思いますが、やはりエッセイって言う形態があまり好きじゃないかもですね。短編なんかもそうですけど、ある程度長編でないと楽しめないみたい。多分、国語力が低すぎて、短い文章に凝縮されると行間的なものが読みきれないんだろうなぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.