ぶろぐらみんぐ
主にゲーム日記。たまに時事雑記。
ほんとかよむ
ここ数日、移動時間が多かったので色々読んでます。
で、今日、東野圭吾の聖女の救済を丁度詠み終わったので、ネタがないので取り上げることに。

ガリレオシリーズは、「探偵ガリレオ」、「予知夢」、「容疑者Xの献身」、「聖女の救済」と、順を追って読んでいるのだけども、今まで読んだ中では一番好きでした。短編二編はちょっと・・・アレとして。「容疑者Xの献身」は、犯人に感情移入しやすくて、トリックも鮮やか、加えて湯川の人間らしいところも見えて、ドラマチックで面白い。・・・んですけど、感情的な部分の描写(の印象)が強くて、推理小説読んでる感が少し薄いと思うんですよね。
その点、「聖女の救済」は、二人の刑事を軸に話が進む場面が多い所為か、調査が徐々に進み、次々新たな情報が提供されてくるので、トリックを考える時間が長かったように感じます。要するに、俺はどっちかってとそういう話の方が好きだって話。完成度?知るか!?

ま、確かに今思えば、湯川の出番は少ないし、トリックはスゲェけど湯川が出張ってくる程科学してないし、犯人はなんか人間離れしてて感情移入し辛いし、「容疑者Xの献身」ほど纏まってる感は無いかも知れませんねぇ。


ガリレオシリーズは読み易くて好きです。少し読み易過ぎる感はあるけど。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.